3/24 ささやかな趣味

ブックオフオンラインが好きだ。中古cd屋で宝探しするのも悪くないけど、なんと言ってもオンラインだから在庫がたくさんある。そして無限に思える選択肢の中には、同じcdでも輸入盤か国内版か、リマスター版だったり再発盤でそれぞれの値段が違ってくる。それだけでなく時期によって値段も変わってくる。前まで200円だったものが1000円になってたり、またはその逆だったり。特にミスチルはその傾向が激しくて買うタイミングには慎重になるんだけれど、中々欲しいcdが安くならなくてよくモヤモヤとしたものだ。そしてそういった様々な要素を踏まえて自分の財布と相談しながら何を買うのか決める。これが何より楽しい。学生時代は月5000のお小遣い以内で出来るだけ多くのCDを買うために2時間近く長考したものだ。あの名盤は1000円だけどそれを我慢したら別のが3枚買える…でもめちゃくちゃ評判がいいし…そんなことを考えながらのジョギングはあっという間に過ぎていった。結局安い方を選ぶんだけど、それがあんまり良くなくて後悔したりほとんど聴かなかったりだとか、そういうことはよくあった。でも、そのおもちゃ屋で子供が何を買ってもらうか吟味するようなワクワク感が至福の時間だった。受験期にはお金を使うことも少なかったから5000円まで上限が広がりまさに夢のようなひと時だった。そして今、この前の日記で金欠と書いたが臨時収入で5000円を手に入れた。サークルでの合宿費はまだ不確定な部分も多いのでそれがある程度決まってからではあるけど、久々にブックオフオンラインを訪れることが出来そうだ。ストリーム全盛期の現代ではCDという形はどんどん廃れて行くけれど、ノエルギャラガーが言っていたようにお金を出して配信サイトから曲を「借りる」というより自分で曲を「所有」するということには意味があると思う。限られた範囲でアルバムを聴くからこそ、その中からその人の人生にとって大切なものも出てくる。深海、Queen is dead、Up the bracket、俺も沢山の宝物と出会えた。それに棚に並んだCDコレクションを眺めるのも良いし、歌詞カードやジャケットを手にアルバムを聴くのは楽しいものだ。

 

The Only Ones / Another Girl Another Planet

https://youtu.be/lKuc3faQAEs